FC2ブログ

大木先生のこと

あらためて思い返してみると、学生時代の先生や友人にかなり恵まれている。小中の友人は結構地元に残っているので、相談のってくれたり、愚痴をきいてくれたりしてくれる。中3の時の担任の先生も比較的近くに住まわれているので年3回程のペースでお会いしている。ただし高校のときの人たちとは、東京の学校だったこともあって、疎遠になっている。しかし縁というものは不思議なもので、高校時代お世話になった方がお二人、まったく偶然に会社のお客様だったのだ。おひとりは、図書室の司書の野田さん。もうひとかたが、新築をご計画中で堀之内部長が営業中の、大木先生である。大木先生は英語の先生。私にとって体育の次に苦手な教科である。したがって中学時代は英語の先生とは授業以外のコミュニケーションをとることはまったくなかった。ところが大木先生は違った。英語以外の話題が私の興味をおおいにそそるものだった。前職が出版関係で、洋書の翻訳していた時のいわゆる濡れ場の訳し方の話や、授業中にも関わらず、前日私が観てきた映画の話を先生としたことを今でも鮮明に憶えている。母校には珍しく豪快な性格が非常に魅力的だった。それだけに怒ると怖い。一度時間を間違えて授業中に校内放送を流してしまったときは烈火のごとく怒られた。いまとなっては、それもいい思い出である。そんな思い出深い先生と20年ほど前に芋掘り大会で再会した時の喜びは筆舌につくしがたい。しかも今回先生のお宅を会社建てさせてもらえることになったら、最上の喜びといってもいいだろう。
菰田修
スポンサーサイト
プロフィール

こもだ建総 工務部

Author:こもだ建総 工務部
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR